どんどんと広がっていく薬剤師を必要とする仕事

卸売販売の管理薬剤師

薬品関係の企業としては、卸売販売の会社は、かなり性格の違う仕事が待っています。医薬品卸会社は事業所に管理薬剤師が在籍しなければいないように義務付けがされているため、必ずいなければいけません。薬を扱っていくのですから当然ですが、品質管理や情報収集をするだけではなく、これらを医師や薬剤師に提供していくことになります。問い合わせに対しての対応も必要となってくるため、薬剤師としての高い知識が生かされることになるでしょう。

他の仕事と少し違う点としては、ただ管理販売したりするだけではなく、法律の知識も必要になる点です。薬事法になりますが、かなり細かな点まで知らなければいけないため、知識は幅広く必要になってきます。さまざまな知識で自分を高めたいと思う人に向いている仕事です。

管理薬剤師という名称からもわかる通り、管理職としての仕事になってくるため、一般の薬局で働くよりもはるかに給与水準が高くなります。残業もほとんどすることがありませんし、休暇も取りやすいこともあって、仕事としては働きやすいでしょう。管理職としてそれだけの責任も持たなければいけませんが、仕事としてのやりがいもあると考えることができるはずです。