どんどんと広がっていく薬剤師を必要とする仕事

研究開発とMR

研究開発という中では、製薬会社での仕事は花形であるといえます。薬に関する知識をフルに活用して働く場所であり、新たな薬を開発したり研究したりしていくのが仕事です。当然のことですが、博士号の取得は必要になり、高い専門性の中で働くことになってくるため、研究開発に携われる薬剤師はほんの一握りしかいません。企業に勤務していく働き方もできますが、契約社員として働くことも多くみられます。研究職として、正規雇用では得られない所得にもなる可能性があるのも特徴です。

研究と開発では違いがありますが、新薬の開発をしていくことになれば、安全性や有効性を確認しながら作り上げていかなければいけません。臨床試験といったこともおこなっていくため、研究職と変わらない専門性が求められます。この働き方でも派遣などもありますし、言い換えれば自分の能力を生かしたアルバイトといった方法もあるのです。

研究開発だけではなくMRも大事な仕事になってくるでしょう。医療情報担当者と呼ばれる仕事ですが、自社製品の情報を提供していくのが仕事です。安全性や有効性を情報として提供していくことになりますが、営業活動はおこなえません。完全に分離されることになったため、おこなうことができないように規制も掛けられています。